社会保険の算定基礎

毎年5月下旬から6月にかけて、日本年金機構から事業主に「算定基礎届」が郵送されてきます。

事業主は、健康保険及び厚生年金保険の被保険者及び70歳以上被用者の実際の報酬と標準報酬月額との間に大きな差が生じないように、7月1日現在で使用している全ての被保険者及び70歳以上被用者に4~6月に支払った賃金を、「算定基礎届」によって届け出ることになっています。厚生労働大臣は、この届出内容に基づいて、毎年1回標準報酬月額を決定します。
「算定基礎届」により決定された標準報酬月額は、原則1年間(9月から翌年8月まで)の各月に適用され、社会保険料の計算や将来受け取る年金額等の計算の基礎となります。

提出期限:7月10日

 

 社会保険の算定基礎の手続きを弊所にご依頼されるお客様へ

        

 ⇒ お早めにご連絡をお願いいたします。

   

   提出期限直前ですと、お受けいたしかねることもあります。

 

   その場合はご容赦ください。